本文へスキップ

尾車部屋は日本相撲協会所属で二所ノ関一門の相撲部屋です

尾車親方プロフィールoyakata profile

尾車親方を現役時代から紹介させていただきます。(サイト管理人)

尾車浩一 公益財団法人日本相撲協会理事事業部長
全国維持員会会長 博物館運営委員[協会本部]
元大関 琴風豪規

 琴櫻関からもらったマロングラッセがあまりにおいしく角界入りを決意した話は有名。
昭和46年7月場所14才で中学生力士として初土俵。
50年11月場所18才で新十両、52年1月場所19才で新入幕。
53年1月場所には20才8ヶ月(大相撲史上4番目の年少記録)で関脇に昇進。しかし、同年11月場所で左膝じん帯断裂の重症を負い休場。54年7月場所には幕下30枚目まで落ちるが55年初場所再入幕、5月場所には再関脇と奇跡のカムバックを果たす。
そしてついに56年9月場所で初優勝、場所後念願の大関昇進を果たす。
58年1月場所で2度目の優勝。
「がぶり寄り」を武器に、度重なる膝の怪我に悩まされながらも見事大関まで昇進した力士で、「ペコちゃん」と呼ばれ親しまれた。
実に波乱万丈な相撲人生でそのエピソードは今だ語り草である。

昭和60年11月場所に引退するまでに大関在位22場所。内、20場所連続勝ち越しと、内、13場所で10勝以上をあげ、大関として立派に役目を果たす。
引退後8代目「年寄・尾車」を襲名。佐渡ヶ嶽部屋の部屋付き親方となる。

1987年3月佐渡ヶ嶽部屋から独立して尾車部屋を創設。

以降、小結・豪風などこれまでに多数の関取を輩出している。

大関昇進後歌手としてもデビューしている。代表作「まわり道」はレコードセールス60万枚の大ヒットである。
  • 「まわり道/酒季の歌」
    (1982年10月)♪視聴する
  • 「東京たずね人」
    (1983年11月)
  • 「東京めぐり愛/伊勢に帰ろう」(デュエット:石川さゆり、1984年8月)
  • 「東京かくれんぼ/東京たずね人/東京めぐり愛」三部作(琴風豪規&石川さゆり)

また、雄弁でもしられ多くのテレビ番組やNHK「大相撲中継」「サンデースポーツ」解説、講演活動と幅広く活動中。
大相撲中継、スポーツニュース等での解説では一般の人でも分かりやすい解説をすることに定評がある。

■主な著書
人生8勝7敗 最後に勝てばよい 【単行本】 (潮出版社)
『逆境のあなたへ』(日本放送出版協会)
『琴風の礼儀入門』(情報センター出版局)
『青春の意地』(潮出版社)
四股名 琴風 豪規
本名 中山 浩一
愛称 ペコちゃん
生年月日 1957年4月26日
出身 三重県津市
所属部屋 佐渡ヶ嶽部屋
得意技 左四つ、寄り
成績
最高位 東大関
生涯戦歴 561勝352敗102休
(87場所)
幕内戦歴 395勝249敗80休
(49場所)
優勝 幕内最高優勝2回
十両優勝1回
幕下優勝1回
殊勲賞3回
技能賞1回
敢闘賞2回
データ
初土俵 1971年7月場所
入幕 1977年1月場所
引退 1985年11月場所
引退後 尾車部屋師匠
他の活動 講演活動
趣味 切手収集
備考
金星6個(北の湖3個、輪島2個、2代若乃花1個)

尾車部屋

〒135-0024
東京都江東区清澄2-15-5

TEL 090-8722-8670