本文へスキップ

尾車部屋は日本相撲協会所属で二所ノ関一門の相撲部屋です

皇風引退発表kimikaze alubum

皇風が現役引退を発表いたしました。

元幕内で西幕下51枚目の皇風(きみかぜ、27=尾車)が11日目の21日、日本相撲協会に引退届を提出しました。
初場所前に左肩腱板(けんばん)を断裂。腕が上がらず、思うような相撲が取れずに引退を決断しました。
「尾車部屋に入れて幸せだった。この部屋でなければ関取になれなかった」「自分の中では、やりきった気持ちがある。親方や、おかみさんら、周りには感謝の気持ちでいっぱい」と感謝しています。


 09年初場所で初土俵を踏み、11年秋場所で、早大出身として33年春場所の笠置山以来78年ぶり2人目の関取となりました。「実績なく相撲界に入り、話題先行だったけど一生懸命、地力をつけるように努力した。十両を決めたときが1番うれしかった」と振り返っています。

 今後は、具体的には未定だが「やれることは全部やった。悔いはない。これから第2の人生が始まっていく。相撲にはかかわっていきたい」と話しています。
皆様 長い間、皇風を応援して頂き、本当にありがとうございました。
これからも是非、新しい門出を迎えた皇風を温かく見守ってあげて下さい。
皇風ならびに尾車部屋をどうぞよろしくお願いいたします。

来歴

調布市の木工店に生まれ、小学4年次にわんぱく相撲調布場所で優勝したことをきっかけに府中住吉相撲道場で本格的に相撲を始める。この時指導したのは元幕内・境澤にも指導をしたことのある布施美樹。
明治大学付属中野高校3年次に国体予選にて個人優勝、団体優勝を果たす。その後は早稲田大学に進学、2年次に東日本学生相撲選手権大会で団体3位となる。

その後左肩を痛めて3年秋に相撲部を退部し就職活動をしていたが、相撲への未練が断ち切れず尾車部屋に入門。早稲田大学出身としては山口以来70年ぶり、史上3人目となる力士となり、2009年1月場所に初土俵を踏む。余談だが入門後にわずか1単位の不足に泣く形で大学を留年しており、卒業は半年遅れの2009年9月となった。

2011年7月場所、西幕下5枚目で全勝して幕下優勝。
翌9月場所で早稲田大学出身としては、1933年1月場所の元関脇・笠置山以来78年ぶり、史上2人目の関取昇進が決定。それまで本名でとっていた四股名を皇風と改める。尾車親方の「“王”の上に白星を重ねてほしい」との願いで「皇」の字が付けられた。11月場所は初日の相撲で負傷し、2日目から初土俵以来初めての休場となった(5日目から再出場)。
2012年3月場所では終盤に8連勝するなど、12勝3敗の好成績を挙げて十両優勝。翌5月場所で新入幕を果たした。しかし、新入幕となった5月場所を途中休場するとその後も怪我に泣かされ、同年11月場所では幕下に陥落。その後は関取の地位に戻れぬまま2014年5月場所11日目に引退を届け出た。引退会見では「入門したときは早稲田大学出身ということで話題が先行したので、力をつけられるように頑張った。十両に上がれた時が一番うれしかった」と現役生活を振り返っていた。


皇風プロフィール



尾車部屋

〒135-0024
東京都江東区清澄2-15-5
TEL 090-8722-8670
アクセス




 

はてなブックマークに追加

Clip to Evernote